Blue Moon Over Memphis
By Deborah Brevoort
Noh music by Richard Emmert

American playwright Deborah Brevoort wrote the original in 1993 following a traditional noh structure though meant to be performed by Western actors largely in a naturalistic style. Richard Emmert began working with Brevoort to adapt the play for a full noh presentational style by Theatre Nohgaku. The adapted text was completed in 2010 and Emmert has since completed much of the composition.


BOTH SHOWINGS OF THE MAY 23RD PERFORMANCE ARE SOLD OUT AT THIS TIME.
ごめんなさい、「満員御礼」!

Theatre Nohgaku and the Art Sanctuary present:
Blue Moon Over Memphis: an Elvis Presley noh
Written by Deborah Brevoort
Composed by Richard Emmert
Featuring the artwork of:
Allan West (folding screen, fan) Hideta Kitazawa (mask)

When: 2015 May 23 (Saturday) 2pm and 7pm doors open 30 minutes prior.
Where: Allan West’s Studio
1-6-17 Yanaka, Taito-ku Tokyo 110-0001
03-3827-1907
Cost: 4000円

Theatre Nohgaku presents a one day only Atelier Showing of critically acclaimed writer Deborah Brevoort’s Blue Moon Over Memphis (BMOM). In an age where fame itself has become the ultimate goal, BMOM examines how popular culture crafts its idols and then swiftly discards them. One of America’s first celebrity casualties; Elvis’s enduring legacy now lies somewhere between tragic hero and eternal punchline. As Brevoort’s words return human dignity to his spirit, Emmert’s composition evokes a mournful reminiscence that will let you hear old music with new ears.

Cast:
Shite: John Oglevee
Waki: Jubilith Moore
Fue: Anno Mariko
Kotsuzumi: James Ferner
Otsuzumi: Kawauchi Takako
Chorus: David Crandall, Gary Matthews, Richard Emmert (*Ai Kyogen)
Koken: Oshima Kinue

How to get there:
Subway: 8 minute walk from Nezu Station (Exit 1) on the Chiyoda Line
JR Line: 15 minute walk from Ueno Station on the Yamanote Line

Please be advised The Art Sanctuary has no parking.




シアター能楽 & 繪処アランウエスト presents
ブルー・ムーン・オーバー・メンフイス~ 能 エルビス・プレスリー

原作:デボラ·ブレヴォート 
作調:リチャード・エマート 

舞台美術:アラン・ウエスト (屏風絵, 中啓)
     北澤秀太 (面)

シアター能楽「ブルー・ムーン・オーバー・メンフィス(BMOM)」1日限りのアトリエ公演として上演決定。

名声を得る事こそが究極のゴールとされた時代において、アイドルが大衆文化によって作り出され、そして、何故あっというまに消えていったのか、BMOMにその答えがあります。
成功をつかんだアメリカ人一人の死、エルヴィスのレガシーは、今どこか悲劇のヒーローと笑物のはざまにいるかのようです。
ブレヴォートの言葉は、エルビスの魂に人間の尊厳を取り戻させるかのように響き、エマートの音楽、それは、現代に生きるあなたにとって、どこか懐かしい音楽として奏でられ、そして、悲しい回想を呼び起こさせるのです。

◆出演: シテ:ジョン・オグルビー
ワキ:ジュベレス・モア
笛:安納真理子
大鼓:内河貴子
小鼓:ジェムズ・ファーナー
地謡:デビッド・クランドル、ゲーリ・マシューズ、リチャード・エマート(アイ狂言も)

日時: 2015年5月23日(土) 昼の部:開演14時(開場13時30分)
               夜の部:開演19時(開場18時30分)
  (終演後は、TNメンバーとの質疑応答の時間をもうけております。)

料金: 4,000円
会場: 繪処アラン・ウエスト
   〒110-0001 東京都台東区谷中1-6-17
℡ 03-3827-1907

東京メトロ千代田線「根津駅」1番出口より徒歩8分
   JR山手線「上野駅」公演口より徒歩15分

   ※会場には駐車場のご用意はありません。公共交通機関のご利用をお願いいたします。

◆番組
・ お話:リチャード・エマート
・演奏:「ブルー・ムーン・オーバー・メンフィス」
※公演終了後に出演者を囲んで懇親会を開催いたします。

 申込時に懇親会参加の可否もお知らせ下さい。
(場所・会費は出席者の方に後日お知らせします。)

【お申し込み・お問い合せ】
主催:繪処アラン・ウエスト  
   ℡ 03-3827-1907
   mail info@allanwest.jp

Please download additional press information here:

AttachmentSize
Blue_Moon_Over_Memphis_Info.pdf869.33 KB